筋トレしない日もプロテインを飲むべき2つの理由【1杯でOK】

今回は、筋トレしない日もプロテインを飲むべき2つの理由【1杯でOK】というテーマについてお話していきます。
筋トレしない日 プロテイン

普段は筋トレをしている後にプロテインを飲んでいるけれど、筋トレしない日もプロテインは飲んだほうがいいの?

こういった疑問についてお答えしていきます。

 

✅本記事の内容

・筋トレしない日もプロテインを飲むべき理由

・筋トレしない日のプロテインの摂取量

筋トレ歴6年・トレーニングクラブでトレーナーとして働いている僕は、筋トレしない日でもプロテインを飲むことを強くおすすめします。

理由は、プロテインは筋肉の成長材料だから。

少しでも早く筋肉をつけたい人は、必ず飲むようにしましょう。

 

1.筋トレしない日もプロテインを飲むべき理由

筋トレしない日もプロテインを飲むべき理由
筋トレしない日もプロテインを飲むべき理由は以下の通り⏬

・人間の体に必要
・筋肉の成長に必要

この2点。

プロテインはあくまでも『筋肉をつけるもの』というイメージがあるので、筋トレをしない日はプロテインを飲まない人も多いですが、損です。

深掘りしていきます。

筋トレしない日のプロテイン①人間の体に必要

筋トレしない日のプロテイン①人間の体に必要
プロテイン=タンパク質であり、筋肉の成長だけでなく人間の体そのものに重要なものです。

タンパク質は、骨・筋肉・爪・肌・内臓などの人間のあらゆる組織に必要な栄養素。

逆を言うと、タンパク質が不足していると爪や肌はボロボロになってきます。

普段の食事で充分なタンパク質を摂れる環境であればプロテインは必要ありませんが、外食にいくようだと厳しいのが現実。

プロテインなら効率よくタンパク質の摂取ができるため、筋トレしない日にも飲むようにしましょう

筋トレしない日のプロテイン②筋肉の成長に必要

筋トレしない日のプロテイン②筋肉の成長に必要
筋肉の成長のためにも、筋トレをしない日のプロテインの摂取は重要。

トレーニングが終わってから48時間は、筋肉の中のタンパク質の合成が高まっている状態になっています。

もし筋トレをしない日にプロテイン(タンパク質)が不足していると、筋肉の成長しやすいタイミングを逃し、トレーニングを無駄にしてしまいます。

常に体内にタンパク質が充分にある環境を作ってあげることで、より効率よく筋肉を成長させることができます。

 

✅筋トレしない日にプロテインを飲んだら太る?

結論から言うと、筋トレしない日にプロテインを飲んでも太りません。

理由は、筋肉量が維持されるため身体の代謝を高い状態にキープすることができ、太りにくい体質を作ることができるから。

安心して摂取しましょう。

 

2.筋トレしない日のプロテインの摂取量

筋トレしない日のプロテインの摂取量
筋トレしない日のプロテインの摂取量は、40gでOK。

普段筋トレをしている人に必要なタンパク質量は、体重1kgあたり2g〜3g。体重60kgの場合は120g〜180gのタンパク質が必要です。

これだけの量を食事だけで補おうとすれば、鶏胸肉600g食べたり、卵を20個食べる計算になります。

控えめにいって地獄なので、プロテインを活用することで食生活を楽にすることができます。

仮に120gのタンパク質を摂る場合、プロテイン40g・鶏胸肉200g・卵5個、という食生活が必要

上記のやり方は難しいように思えますが、ぶっちゃけ余裕。一度試してみれば分かるので、今日からでも取り組んで欲しいレベルです。

 

以上で記事を終えたいと思います。

ケイスケブログは、ジムトレーナーとして働いている僕(田中圭介)が、トレーナー業務で学んだことを基にボディメイク関連の有益な情報を発信しています。

女性向けのダイエット記事や、男性向けの筋トレ記事を多く発信しており、Twitterではボディメイクに加え、ビジネスについても発信しているのでフォロー頂けたら嬉しいです。

夏が来るまでにダイエットしたい!という人はぜひ参考にしてみてくださいm(__)m

最新情報をチェックしよう!