ジム お金 無駄

ジムにかけるお金は無駄じゃない【継続できない言い訳です】

今回は、ジムにかけるお金は無駄じゃない【継続できない言い訳です】というテーマについてお話していきます。
ジム お金 無駄

わざわざジムにお金を払って運動するのって無駄じゃない?家でも外でもできるわけじゃん。なんでみんなジムに行くの?

こういった疑問についてお答えしていきます。

 

✅本記事の内容

・ジムにかけるお金は無駄じゃない

・『ジムはお金の無駄』と言ってる人は継続できなかった言い訳

・ジムでお金を無駄にしないための対策

この記事を書いている僕は筋トレ歴6年・トレーニングクラブでトレーナーとして働いていますがジムはお金の無駄じゃないと最初に断言します。

今回のテーマについて書いている他の記事も見たのですが、『筆者がジムを続けられなかった、だからお金の無駄』という人がほとんど。

それではまるっきり意味不明なので、僕がしっかり解説していきます。

 

1.【断言】ジムにかけるお金は無駄じゃない

【断言】ジムにかけるお金は無駄じゃない
繰り返しになりますが、ジムにかけるお金は無駄じゃないです。

・筋肉をつけてマッチョになりたい
・ダイエットで綺麗に痩せたい
・健康のために運動したい

ジムに通う理由は様々ですが、そのジムにかけるお金は人生における必要経費。

少し深掘りしていきます。

ジムのお金が無駄じゃない理由①モチベが保てる

ジムのお金が無駄じゃない理由①モチベが保てる
確かに『ジムはお金の無駄』と言う人の通り、運動自体は公園や自宅でもできます。

『可能』ではありますが『継続』できている人はほとんどいないのが現実。

理由は、筋トレにしてもダイエットにしてもモチベーションが保てないとやる気が出ないから。

ジムに入会している以上、費用が発生しているのでサボってしまうと『お金がもったいないな、、ジム行かないと!』と言う思考になるので割と継続しやすい。

あまり知られていませんが、ジムの内装や器具の配置は、モチベーションを上げられるような色合いや設計になるよう配慮されていることがほとんど。

自宅で運動しようとしても怠けやすいですし、運動する習慣が定着していない人はほぼ間違いなく三日坊主

怠けがちな人こそ、ジムにお金をかける価値は大いにあります。

 

✅でも現実として『ジムを辞めた人』もいるじゃん?

上記のような疑問を持たれた人もいるかもしれませんが、確かにその通りです。

しかしジム通いに挫折した人の中で大きな原因を挙げると、

・仕事や家事との両立ができない

・自宅や職場から遠いジムに入会した

この2つ。しかしこれで『ジムはお金の無駄』と結論づけるのはおかしいですよね

なぜなら対策をしなかった本人の問題だから。

つまりジムでの運動が意味ないから、と辞める人はほとんどいなくて、単にジム選びを間違えたのが原因。(後ほど詳しく解説)

ジムのお金が無駄じゃない理由②効果が最短

ジムのお金が無駄じゃない理由②効果が最短<
筋トレをして筋肉をつけるなり、ダイエットするにしろジムの器具を使うことが最短で効果が発揮されます。

自宅で運動しても、せいぜいできるのは腕立て伏せや腹筋といった、負荷の弱い運動。

トレーナーとして断言しますが、自宅で運動したところで成果が出るのは微々たるものですし、怪我をしている高齢者のリハビリレベル。

筋肉をつけたりダイエットのためにはジムのマシンを活用し、いろいろな角度から、なるべく強い負荷を与えることが重要であり、本質だったりします。

ジムに行かないと物理的にも経済的にも、しっかりと効果の出る運動は絶対にできません。

なるべく早く効果が体に現れてほしいなら、ジムに行く以外の選択肢はありません

ジムのお金が無駄じゃない理由③人生にメリットあり

ジムのお金が無駄じゃない理由③人生にメリットあり
ジムに通って運動をする習慣のない人には変に思われるかもしれませんが、ジム通いは確実に人生にメリットがあります。

ジムに通うことは確かにお金がかかることではありますが、平均して月10000円程度。

ぶっちゃけバカ高いわけではないですよね?

言い方はあまり良くないですが、パチンコやタバコなどに費やすお金よりも健康的ですし、最近では筋トレをビジネスにも活用する企業も増えています。

ガリガリやデブといったように、体型の管理ができないまま過ごしていると他人からも情けなく思われ、第一印象も良くない上に、ビジネス観点としても『収入が安定しない』という統計データもあります。

つまり、自分を磨くためにジムに通うのにかかるお金は人生をより良いものにするための必要経費。

 

2.ジムのお金を無駄にしない対策

ジムのお金を無駄にしない対策
ジムにかかるお金を無駄にする=ジムに通えない

これが改善できればジムは間違いなく無駄ではないですし、繰り返しになりますが人生にメリットを与えます。

ジムのお金を無駄にしない対策①近い場所を選ぶ

ジムのお金を無駄にしない対策①近い場所を選ぶ
自宅や職場から遠いジムを選んでしまうと、だんだん通うのが面倒臭くなり、会費を払っているのに無駄になってしまうのはあるある。

ジムまで行くのに片道30分くらいかかる場所だと、雨が降っている時なんてもう絶対行く気になりません。

長くてもジムまで15分、理想としては10分圏内で行ける距離にあることです。

ジムのお金を無駄にしない対策②24時間ジムを選ぶ

ジムのお金を無駄にしない対策②24時間ジムを選ぶ
24時間ジムは最近かなり大きなブームとなっており、代表的な24時間ジムが『エニタイムフィットネス』です。

仕事帰りの時間がかなり遅い人でも、24時間ジムであれば気にせず利用することができますし、夜中に行けばほぼ独占状態なんてことも可能。

注意点を挙げるとすれば、スタッフさんが常駐しているわけではなく、会員専用のタッチ式カードを入り口でかざして入場するシステムということ。

そのため、時間によってはジムスタッフさんにトレーニングを手伝ってもらいたくても出来ないことがあります。

また、基本的に24時間ジムだとウエイトトレーニング特化型なのでプールやテニスコートはありません。

 

✅まとめ:ジムにかけるお金は無駄じゃない


言うまでもありませんが、ジムは運動をする場所。

ジムにあるプールが目的でもいいですし、筋トレマシンが目的でもいいのでジムに通う価値は本当に大きなものがあります。

自宅や公園で細々と運動するより、サクッとジムにいけば最高の環境で運動でき、身体に現れる成果もかなり早い。

成果が出れば、その分モチベーションも保てますし、健康ですし、見た目としての第一印象も上がるなどなど….

先ほども書きましたが、ジムの費用なんて悩むほど高いものじゃないので、明日からでも入会して人生に運動を加えましょう!

 

以上で記事を終えたいと思います。

ケイスケブログは、ジムトレーナーとして働いている僕(田中圭介)が、トレーナー業務で学んだことを基にボディメイク関連の有益な情報を発信しています。

女性向けのダイエット記事や、男性向けの筋トレ記事を多く発信しており、Twitterではボディメイクに加え、ビジネスについても発信しているのでフォロー頂けたら嬉しいです。

夏が来るまでにダイエットしたい!という人はぜひ参考にしてみてくださいm(__)m

ジム お金 無駄
最新情報をチェックしよう!