筋トレ お金かかる

【事実】筋トレはお金がかかる【具体的な内訳と節約法まで紹介】

今回は、【事実】筋トレはお金がかかる【具体的な内訳と節約法まで紹介】というテーマについてお話していきます。
筋トレ お金かかる

初心者
筋トレをやろうと思っているけれど、ジムに行ったりグッズを買うとかなりお金かからない?これから筋トレにどのくらいお金がかかるのかを知っておきたい

こういった疑問にお答えしていきます。

 

✅本記事の内容

・筋トレを始める前にかかるお金

・筋トレをやり始めてかかるお金

・筋トレにかかるお金を安くするには

・筋トレにお金をかける価値はある

筋トレ歴6年・トレーニングクラブでトレーナーとして働く僕が、これから筋トレを始めたいけどいくらお金がかかるのか知りたいと言う人向けに解説していきます。

 

1.筋トレを始める前にかかるお金

筋トレを始める前にかかるお金
筋トレを始める前にかかるお金、いわゆる初期費用については、トレーニングウエアとシューズのみ

初期費用と聞くと多額なお金をイメージされがちですが、ユニクロで好きなウエアを選び、ABCマートで安いシューズを買えばOK。

強いて注意点を挙げるとすれば、タンクトップのような露出度の高いウエアは周りの目線的に控えた方が安定

とはいえ普通の半袖ウエアなら上下で2000円くらいなのでそこまで問題ないかなと思います。

シューズに関してですが、2000円〜3000円くらいのトレーニングシューズでOK。

サイズさえ合えばなんでも大丈夫。

 

2.筋トレを始めるとかかるお金

筋トレを始めるとかかるお金
ジムウエアとトレーニングシューズを用意して、筋トレライフをスタートしたらだんだんお金がかかってきます。

筋トレにかかるお金を具体的に紹介すると以下の通り⏬

・ジム代
・サプリメント代
・食事代

この3つだけ。種類としては少ないですが、ぶっちゃけお金がかかるので内訳を交えて紹介していきます。

筋トレにかかるお金①ジム代

筋トレにかかるお金①ジム代
どこのジムに入会するかにもよりますが、平均すると10000円/月、となります。

筋トレガチ勢が集まるゴールドジムだと1番高い会員コースで月20000円。

コナミスポーツクラブといった『スポーツクラブ』の場合は、店舗(立地)によって10000円〜16000円と言うように差があります。

ジムのコストを最小限に抑えたい場合は、区営ジム・市営ジムなどの『公営ジム』なら1回あたり300円前後。

普通のジムのように月会費を払う必要がないので、行った回数だけお金がかかるようになっています。

僕は現在、冒頭でお話ししたようにトレーニングクラブで働いているためジムの利用費は0円になっています☺️

ジムで働く前は高校生だったので、月会費を支払うお金がなかったため区営ジムで細々とトレーニングをしていました。

ジム料金にはこのように差があるので、必ず事前に調べる必要があります。

筋トレにかかるお金②サプリメント代

筋トレにかかるお金②サプリメント代
筋トレにかかるお金でやはり外せないのは、サプリメント代です。

サプリメントにかかるお金は、最大で月10000円ほど

筋トレサプリは山ほど種類がありますが、これから筋トレを始める初心者が絶対に外せないサプリメントは以下の通り⏬

・プロテイン
・EAA
・HMB
・マルチビタミンミネラル

この4つは何があっても外すことのできない筋トレサプリメントです。

これも種類によって値段が異なりますが、実際僕が使っているものはかなりコスパのいい物を選んでいるので紹介します。

①プロテイン

プロテインはもう、絶対です。飲まない選択肢はありません。プロテインはタンパク質を粉末状にした物。

筋トレをやるのにプロテインを飲まないのは、野球でバットを持たずに打席に立つのと同じくらいおかしいこと。

プロテインを飲むことで筋トレで破壊された筋繊維を回復させ、より強く・太い筋肉を作ることができます。

トレーニング後に40gくらいを水に混ぜて摂取しましょう。

②EAA

EAAは、体内で自然に作ることのできない9種類の『必須アミノ酸』を摂ることができ、より高いレベルのトレーニングができる上に、筋肥大を促してくれます。

EAAを飲まずにトレーニングをすると、今ある筋肉を分解してエネルギーとしてしまうのです。

例)胸のトレーニングをしているときに、エネルギーが足らなかったら脚の筋肉を分解してエネルギー源にする

こういった現象が起きます。

筋トレの効果を最大限に引き出すためにも、EAAの摂取は必要です

トレーニング中に1.5リットルくらいの水にEAAパウダーを15gくらい入れて飲みましょう。

③HMB

HMBの効果は、筋肥大の効果を最大限に高めてくれるもの。

HMBを取り入れることで、短期間で多くの筋肉をつけることができます。

しかもHMBは長年筋トレをしている人より、初心者が飲むほうが圧倒的に効果が見た目として現れるというデータもあるのでマストアイテム。

すぐに筋肉をつけたいという人は、絶対に摂って損しないサプリメントです。

朝食後・筋トレ60分前・就寝前に1錠ずつ摂取しましょう。
»最安値(500円)のHMBはこちら

④マルチビタミンミネラル

マルチビタミンミネラルは名前の通り、ビタミンやミネラルといった『ミクロ栄養素』が摂れるサプリメントです。

筋トレを始めると筋肉をつけるための食生活になり、肉や魚ばかりを食べてしまって野菜の量が少なくなります🥦

そこで、ビタミンミネラルをサプリとして摂取することで効率的に栄養をとることができる上に、タンパク質の吸収を良くする効果もあるのでオススメ。

朝食後と夕食後に1錠ずつ摂取しましょう。

 

上記で紹介したサプリメントを全て合わせると、14000円くらいですかね。

とはいえ1日も休まずジムに行くような人でない限り2ヶ月は持ちます。ひと月あたり7000円ですし、マストアイテムなので必要経費😌

筋トレにかかるお金③食事代・食費

筋トレにかかるお金③食事代・食費
筋肉のための食事代は、大体月2万円もしません。

筋肉をつけたいなら筋トレだけすればいいと初心者の人は思いがちですが、ここで断言しておきます

筋肉をつけたければ筋トレより食事のほうが圧倒的に重要です。

筋トレによって破壊された筋肉は、食事からの栄養素を材料にして修復・成長していきます。

トレーニング後のプロテインだけでは1日中、身体に十分な栄養素を送ることができるわけではないので、食事が重要と言うことです。

具体的に買うべき食材は、タンパク質の多いもの。

・鶏胸肉
・赤みの多い牛肉
・野菜
・お米
・青魚
・お刺身
・卵

上記のものが代表的であり、これらの食材を使った料理を日々食べていく形になります。

「食事とか栄養とか綺麗事」とか思わずに本気で取り組んでください。食事の質の差で、成果が本当に大きく左右されます

筋肉をつけたいならとにかく食べる、これが本質だと言うことを頭に入れておいてください。

 

3.まとめ:筋トレはお金がかかるけどやる価値あり

まとめ:筋トレはお金がかかるけどやる価値あり
筋トレはお金がかかるけどやる価値あり、というのは本心。

筋トレはジム代・サプリ代・食事代と確かにお金がかかる趣味ではありますが、ぶっちゃけバカ高いわけではないですよね?

言い方はあまり良くないですが、パチンコやタバコなどに費やすお金よりも健康的ですし、最近では筋トレをビジネスにも活用する企業も増えています。

ガリガリやデブといったように、体型の管理ができないまま過ごしていると他人からも情けなく思われ、第一印象も良くない上に、ビジネス観点としても『収入が安定しない』という統計データもあります。

つまり、筋トレにかかるお金は人生をより良いものにするための必要経費

このことに僕は気づいたので中学生のうちに筋トレを始め、割と大きなスポーツクラブのトレーナーとしても採用してもらうことができました。

老若男女問わず、明日からでも筋トレを始めていきましょう!

 

以上で記事を終えたいと思います。

当サイトでは女性向けのダイエット記事や、男性向けの筋トレ記事も多く発信しています!Twitterでも発信しているのでフォロー頂けたら嬉しいです。

夏が来るまでにダイエットしておきたい!という人はぜひ参考にしてみてください😊

筋トレ お金かかる
最新情報をチェックしよう!