アルコール 筋肉 分解

アルコールが筋肉を分解するのは本当です【筋肥大には向かない】

今回は、アルコールが筋肉を分解するのは本当です【筋肥大には向かない】というテーマについてお話していきたいと思います。
アルコール 筋肉 分解

アルコールは筋肉を分解するから、お酒を飲まない方がいいというのは本当?絶対に飲んじゃいけないの?

こういった疑問にお答えしていきます。

いきなり結論からいうと、ボディビルやフィジークの大会に定期的に出場する人は極力控えるべきですが、趣味程度に筋トレをしているのであればお酒を飲んでも大丈夫です。

とはいえ、アルコールが筋肉を分解するのは事実なので理由と対処法を解説していきます。

1.アルコールが筋肉を分解するのは本当です【筋肥大には向かない】

アルコールが筋肉を分解するのは本当です【筋肥大には向かない】
繰り返しにまりますが、アルコールが筋肉を分解するのは本当です。
理由は以下の3つ⏬

・筋肉の分解作用のあるホルモンが分泌される
・テストステロンが減少する
・筋肉の合成作用が低下する

分かりやすく解説していきます。

アルコールの悪影響①筋肉の分解作用のあるホルモンが分泌

アルコールの悪影響①筋肉の分解作用のあるホルモンが分泌
アルコール摂取によって、筋肉の分解作用のある「コルチゾール」が副腎から分泌されます。

コルチゾールには、人間のエネルギー源である『糖』を作るために筋肉を分解してしまうのでなるべく控えましょう。

アルコールの悪影響②テストステロンが減少する

アルコールの悪影響②テストステロンが減少する
テストステロンは、成長ホルモンのこと。

プロテインや食事から摂取したタンパク質を合成させ、筋肉を作るという働きを持つ『テストステロン』が減ることで、筋肉の成長が妨げられます。

筋トレをすることで分泌されるのですが、お酒を飲んでしまうと筋トレの効果は半減します。

アルコールの悪影響③筋肉の合成作用が低下する

アルコールの悪影響③筋肉の合成作用が低下する
アルコールを飲むと、筋肉の合成を促す伝達信号である『mTOR(たんぱく質キナーゼ)』の機能が低下します。

本来肝臓で代謝されるはずの糖質やタンパク質が、お酒に含まれる糖質の代謝を優先することで、筋肉の成長に必要な働きが遅れます。

 

筋トレをしている人はお酒に強い?

『筋肉の成長にはお酒はあまり良くないのはわかったけれど、筋トレをしている人はお酒に強いイメージがある』という疑問を持つ人がいますが、その理由は肝臓のサイズにあります。

そのため、身体の小さい女性よりも身体の大きい男性の方がお酒が強いのが一般的であり、小柄な男性よりも筋肉量の多く、大柄な男性の方がお酒に強い、ということです。

2.アルコールによる筋肉の分解を防ぐ対処法【お酒の種類と量を守る】

アルコールによる筋肉の分解を防ぐ対処法【お酒の種類と量を守る】
「じゃあお酒は絶対飲んじゃダメなのか!」と言われるかもしれませんが、これも冒頭お話したように、筋トレが仕事でなければお酒なんて自由に飲みましょう。

とはいえ仕事の付き合いなどでお酒を飲む機会があるのであれば、飲むお酒の種類と量を調節すればOKです。

・お酒の種類の選び方と飲む量


普通のビールには糖質が多いですが、焼酎やウイスキー、ハイボールといった『蒸留酒』であれば糖質が少ないです。

蒸留酒であっても飲み過ぎたらあまり意味がないので、理想としては500〜700ml程度に抑えましょう。

しかし、あなたが毎日お酒を飲む人ではなく、お酒の席につく頻度はそこまで多くないという場合ならあまり気にしなくていいというのが正直なところです。

 

筋トレ後のアルコール摂取はNG

筋トレ後のアルコール摂取は、いかなる場合であってもストップしましょう。

理由は、筋トレ後は筋肉の成長が最も行われる重要なタイミングだから。
筋トレ後はプロテイン。お酒はやめましょう。

以上で記事を終えたいと思います。

当サイトでは女性向けのダイエット記事や、男性向けの筋トレ記事も多く発信しています!Twitterでも発信しているのでフォロー頂けたら嬉しいです。

アルコール 筋肉 分解
最新情報をチェックしよう!