筋トレ テストステロン

筋トレでテストステロンを増やせばモテる?【増やす方法も解説】

今回は、筋トレでテストステロンを増やせばモテる?【増やす方法も解説】というテーマについてお話していきます。
筋トレ テストステロン

自分の性格はいつもネガティブ思考で根暗。筋トレをやれば成長ホルモンが出て良いって聞いたけど、よくわかんないから分かりやすく教えて欲しい

こういった疑問にお答えしていきます。

 

✅本記事の内容

・テストステロンと筋トレの関係

・筋トレでテストステロンを増やす方法

筋トレ歴6年・トレーニングクラブでトレーナーとして働いている僕自身、筋トレを一定期間やらないと控えめにいってメンタルが崩れやすくなります。

テストステロンは、筋トレにも、『モテ』にも必須ホルモン。順を追って解説していきます。

1.筋トレに最重要なテストステロンとは

筋トレに最重要なテストステロンとは
テストステロンは、精巣から分泌される男性ホルモンの一種であり、女性の卵巣からもごくわずかですが分泌されます。

このテストステロンが筋トレにおいて重要な理由は、『成長ホルモン』だから。

テストステロンには筋肉量を増やす働きがあり、分泌量が筋肥大に大きく関わってきます。

他のテストステロン分泌による効果は以下の通り⏬

・ポジティブになる
・生活習慣病の予防
・モテる
・老化の予防

まだまだありますが、この4つが主なメリット。

簡単に解説していきます。

テストステロンの効果①ポジティブ・前向きになる

テストステロンの効果①ポジティブ・前向きになる
テストステロンの分泌は、人間のやる気を高めてくれます。

常にだるいといった倦怠感を感じ、ネガティブな暗い性格の人は騙されたと思って筋トレをやってみてください

冒頭でも述べたように、僕もかなりネガティブな人間なのですが筋トレを継続することで確実に人生に好影響が出ます。

テストステロンの効果②生活習慣病の予防

テストステロンの効果②生活習慣病の予防
筋トレをすることで最も多くのテストステロンが分泌され、血管の働きを正常にします。

テストステロンは内臓脂肪も分解するため、糖尿病などの生活習慣病を予防することができます。

テストステロンの効果③筋トレでモテる

テストステロンの効果③筋トレでモテる
テストステロンは『モテホルモン』としても知られており、体格がよくて前向きな思考の男性を、女性は本能的に選ぶというデータもあります。

テストステロンは顔つきも凛々しく、男らしくします。そのため、【モテるには筋トレ】という理論は間違いではなく、むしろ適切です。

テストステロンの効果④老化の予防

テストステロンの効果④老化の予防
テストステロンの分泌量は、思春期〜25歳頃をピークに減少していくとされています。

しかし、筋トレをすることで、本当は70歳なのに40歳の時と変わらないテストステロン値を維持できるなど、老化をかなり抑制してくれます。

テストステロンは老化の原因となる活性酸素を抑制し、エネルギーを効率的に利用して老化を軽減する【ミトコンドリア】を保護する働きがあります。

マジで、筋トレは万能薬。

2.筋トレに重要なテストステロンを増やす方法

筋トレに重要なテストステロンを増やす方法
テストステロンを増やす方法は以下の3つ⏬

・テストステロンを増やす筋トレをする
・睡眠時間をしっかり確保する
・タンパク質の多い食事をする

順を追って解説します。

テストステロンを増やす方法①筋トレをする

テストステロンを増やす方法①筋トレをする
部位の大きい筋肉を鍛えることで、テストステロンも多く分泌されます。

具体的な筋トレメニューを紹介します💪以下の種目を10回3セット取り組みましょう。

・プッシュアップ(大胸筋・二の腕)

・手幅を肩幅より少し広くする
・足は若干開く
・身体を落とす

要は、体育の時間にやるような普通の腕立て伏せです。

二の腕の引き締めや、バストアップにも効果的なので女性にもオススメ。

・クランチ(腹筋)

・仰向けに倒れる
・膝は90°に曲げる
・状態を起こして腹筋を収縮させる

クランチは、腹筋に効果的なメニュー。

運動未経験の人でもできるような簡単なトレーニングなので、気軽にできる効果的な種目です。

・スクワット(脚・お尻)

・脚を肩幅に広げ、足は少し外側
・猫背にならず、姿勢はよく
・息を吸いながら腰を落とす
・お尻と膝が90°になるまで落とす

脚の筋肉は面積の大きい部位なので、しっかり鍛えることで基礎代謝が大きく上がります。

テストステロンを増やす方法②睡眠時間をしっかり確保する

テストステロンを増やす方法②睡眠時間をしっかり確保する
睡眠不足だと、成長ホルモン・テストステロンの分泌があまりされません。

筋肉も成長しにくい上、せっかくメンタル向上の働きをしてくれる役割が不十分になってしまいます。

理想としては、7時間の睡眠時間を確保できるようにしましょう。

テストステロンを増やす方法③タンパク質の多い食事をする

テストステロンを増やす方法③タンパク質の多い食事をする
タンパク質を豊富に摂ることで、筋肉の成長も促すことができます。

筋トレによって増やした筋肉から成長ホルモンが分泌されていくため、タンパク質がしっかり摂れるような食生活にすることが重要です。

具体的なタンパク質の多い食材は、鶏胸肉・刺身・牛肉・卵などです。

僕も毎日これらの食材を計算して食べています。

摂取したいタンパク質量としては、1日60gになるように食べていきましょう👍

ファストフードばかりといった偏食をやめ、バランスの良い食事をするのも忘れずに。

 

以上で記事を終えたいと思います。

当サイトでは女性向けのダイエット記事や、男性向けの筋トレ記事も多く発信しています!Twitterでも発信しているのでフォロー頂けたら嬉しいです。

筋トレ テストステロン
最新情報をチェックしよう!