糖質制限中に便秘にならない3つの対処法【結論:食物繊維】

今回は、糖質制限中に便秘にならない3つの対処法【結論:食物繊維】というテーマについてお話していきます。
糖質制限 便秘

 
ダイエットのために糖質制限に取り組んでいるけれど、最近便秘になってるから困っている。糖質制限中の便秘解消法を教えてほしい

こういった疑問についてお答えしていきます。

 

✅本記事の内容

・糖質制限中に便秘にならない3つの対処法

・糖質制限で便秘になると健康面でリスク

筋トレ歴6年・トレーニングクラブでトレーナーとして働いている僕の立場から、糖質制限中の便秘で悩む人向けに解決策をお伝えしていきます。

糖質制限は短期間でダイエット効果が出るため、おすすめなのは間違いありません。

しかし、食事方法を間違えると便秘や肌荒れ、その他の病気になるリスクもあるので、改善していきましょう。

 

1.糖質制限中に便秘にならない3つの対処法

糖質制限中に便秘にならない3つの対処法
糖質制限中に便秘にならない対処法は以下の通り⏬

・食物繊維を摂る
・乳酸菌を摂る
・白湯を飲む

この3つ。

僕は常に体型には配慮しているため、低糖質・高タンパクの食生活をしているので便秘や肌荒れを起こしやすかったですが、上記の方法に取り組んだら解決しました。

深掘りしていきます。

糖質制限の便秘予防①食物繊維を摂る

糖質制限の便秘予防①食物繊維を摂る
糖質制限で便秘になったら、食物繊維の多い食品を取り入れればOK。

糖質制限というとお米やパンを控えることになりますが、同時に食物繊維まで制限していることになります。

理由は、炭水化物=糖質+食物繊維だから

そのため、別で食物繊維を摂れば解決。

食物繊維の豊富な食品として具体的には、ブロッコリーや海藻類、レタスが代表的。

レンコンなどの根菜類にも食物繊維は多く含まれていますが、糖質も多いので糖質制限中には不向きです。

海藻類ならコンビニにあるような海藻パックを取り入れれば良いですし、ブロッコリーなら100gほど食べるようにしましょう。

糖質制限の便秘予防②乳酸菌を摂る

糖質制限の便秘予防②乳酸菌を摂る
乳酸菌は、腸内環境を整えてくれる『善玉菌』の1種

糖質制限中は卵や鶏胸肉などのタンパク質が豊富な食生活になりますが、こういった動物性タンパク質によって、腸内の『悪玉菌』が増えます。

悪玉菌は便秘や下痢を原因になるので、ヨーグルトや納豆、キムチなどの発酵食品を食べることで腸内環境を整え、便を排出しましょう。

糖質制限の便秘予防③白湯を飲む

糖質制限の便秘予防③白湯を飲む
個人的には、糖質制限中の便秘には1番効果のあった解決策が、白湯を飲むことだと確信しています。

朝起きてから1番最初に、白湯を200mlほど飲むことを便秘中のあなたには強くお勧めします。

朝一に白湯を飲むことで内臓が温められ、腸の働きも活発になるため便の排出が促されます。

200mlの水が入ったコップを、500Wの電子レンジで1分30秒ほど温めればOK。

少し熱いくらいがちょうど良いのですが、白湯を飲んだ1時間後くらいに必ずトイレに直行するほどなので、まずは試してみてください。

 

2.糖質制限で便秘になると健康面でリスクあり

糖質制限で便秘になると健康面でリスクあり
糖質制限中に便秘になることはよくある話ですが、そのまま放っておくのはNG。

理由は、健康面でリスクがあり、大きな病気のリスクを上げるだけだから。

先ほど少し書きましたが、腸内環境の悪化や便秘の理由は『悪玉菌』の増加

悪玉菌が増えると腸の抵抗力を弱め、大腸にがんやポリープを作りやすい環境にしてしまいます。

腸内環境は健康状態を左右するほど重要な器官なので、肌荒れや便秘は健康悪化のサイン

糖質制限ダイエットではお米やパンを控えるのは必須なので、代わりに食物繊維と乳酸菌を意識的に取り入れつつ、起床後に白湯を飲む

これができれば善玉菌を増やすことができるので善玉菌を増やし、便秘を改善する上に健康な生活が遅れるようになるので、実践してみましょう!

 

以上で記事を終えたいと思います。

ケイスケブログは、ジムトレーナーとして働いている僕(田中圭介)が、トレーナー業務で学んだことを基にボディメイク関連の有益な情報を発信しています。

女性向けのダイエット記事や、男性向けの筋トレ記事を多く発信しており、Twitterではボディメイクに加え、ビジネスについても発信しているのでフォロー頂けたら嬉しいです。

夏が来るまでにダイエットしたい!という人はぜひ参考にしてみてくださいm(__)m

最新情報をチェックしよう!